TOP  特集  【マイナビベガルタ仙台レディース】今、サッカーができることの喜び~9年目の『3月11日』を迎えて

特集

【マイナビベガルタ仙台レディース】今、サッカーができることの喜び~9年目の『3月11日』を迎えて

2020.03.25

 今年の3月11日は晴れていた。「こんなに穏やかな3.11は久々だなって。その分気持ちも穏やかになったかなと思いました」とMF小野瞳選手が微笑んだ。雨模様だったり、雪が降ったりと、ここ数年は天気に恵まれなかった「3月11日」。この日は、時おり弱いにわか雨は降ったものの、温かな陽気の中、選手たちは活気あるトレーニングをしていた。

 マイナビの前身である東京電力女子サッカー部マリーゼは、9年前の3月11日、シーズン開幕へ向けた宮崎キャンプの真っ最中だった。東日本大震災発生による、福島第一原子力発電所の事故。その影響でチームは休部となり、選手たちは「サッカーができる日常」を失った。2012年、マリーゼの所属選手18名にセレクションで選ばれた2名が加わり、チームを移管する形で誕生したのが「ベガルタ仙台レディース」だ。なでしこリーグ2部からのスタートだったが1年で1部に昇格を果たし、今年で創設9年目のシーズンを迎える。マリーゼ時代を知る3人の選手に話を聞いた。

 当時、MF安本紗和子選手はマリーゼで3年目を迎えていた。「あれから9年経ったんですけど、今こうしてサッカーができる環境が当たり前ではないということを感じています。感謝の気持ちを忘れず戦っていきたいと思いながら黙とうしました」。

 昨年は一つ大きな変化があった。マリーゼがかつて拠点としていた福島県双葉郡楢葉町のJヴィレッジがサッカー施設として再開。マイナビはそこで公式戦を行うことができたのだ。「とても嬉しかったですし、また試合やいろんな形で訪れることができたらな、と。試合を見て何かを感じて頂けるような、熱い試合をできればいいと思います」。

1 2
アイリスオーヤマ
マイナビタビックス ジャパン